読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brewfileでパッケージの管理

一時期、boxenを使っていたのですが、面倒になって、Brewfileで管理するようにしてみました。

参考にしたページ

Brewfile

ちなみに、2014/07/15現在のBrewfileはこんな感じ

update
upgrade

# install homebrew-cask
tap caskroom/cask || true
install brew-cask

# homebrew
install bash
install zsh zsh-completions
install git git-flow
install rbenv ruby-build
install nvm

# cask
cask install google-chrome
cask install dropbox
cask install virtualbox
cask install vagrant

# auto
install vim
install hub
install pyenv-virtualenv
install libyaml

自分でBrewfileに登録するの面倒なので

ラッパーを作成して、自動的にBrewfileに追加するようにした。

このファイルを ~/bin/brew とかに置いて、PATHで先に見つかるようにしておく。

#!/bin/sh

if [ $1 = "install" ]; then
  echo "$@" >> ~/Dropbox/Brewfile
elif [ $1 = "cask" ]; then
  if [ $2 = "install" ]; then
    echo "$@" >> ~/Dropbox/Brewfile
  fi
fi

/usr/local/bin/brew "$@"